HOME > 特別情報 > X大学の研究費不正に協力したゼネコンとは|特別情報

2019年11月7日 公開

X大学の研究費不正に協力したゼネコンとは|特別情報

X大学の有名研究所の教員2名による多額のキックバックが発覚し、所内に動揺が走っている。この研究所は昭和42年6月に設置され、翌年4月に愛知県内に研究棟がオープンした。現在の教員数は38名で、職員、研究者を含めると総勢200名強となる。研究所の年報2019(暫定版)によると、平成30年度の予算は15億25百万円で、運営費交付金のほか、各助成金・補助金・寄付金等で賄われている。今回問題となったのはY元教授とZ教授で、研究費としてY氏に1億11百万円、Z氏には32百万円が支払われている。研究所の関係者の話では、「都内の実験施設の設計施工会社に施設工事を予算より安い金額で受注させ、浮いた分の金を返さずに研究に回すなどといったことを繰り返していた ― そう見て、会計検査院は調査を進めているようです」。つまり、キックバックで得た資金を別の研究に充てていたわけで、「研究費のロンダリング」と断じている。その事実を告発したのはU社代表。同氏によると、会計検査院の方が「こんなスゴい研究費不正は初めて見ました」と驚き、同氏も「相当あくどいんだなと感じた」という。研究所もその事実を認めており、文科省から返還を求められる可能性のある研究費は最大で20億円になる。Y氏、Z氏によるキックバックが長年にわたってきたことがうかがえる。U社はキックバックのために安値受注を強いられ、損害賠償請求を提訴したものの敗訴となり、今年5月に負債3億46百万円を抱えて東京地裁より破産手続開始決定を受けた。一方、U社以外にもキックバックに協力した業者として中堅ゼネコンの名が挙がっている。同社は会計検査院による調査については・・・

続きを読むには特別情報の会員申込みが必要です。
詳細は小社までお問合せください

特別情報とは

「倒産してからでは遅い」という声をよく聞きます。
たしかに与信管理や審査では事前の兆候について社内外からの幅広い情報収集は不可欠ですが、現実にはなかなか容易ではありません。

特物情報とは

実は東京経済の「特別情報」は、独自の取材ルートと確かな実績で長年にわたり金融機関・総合商社をはじめとする審査のプロたちから一目置かれています。

審査マンの心強いパートナーとして、「特別情報」のご活用をお勧めします。
詳しくはお気軽にお問合せください。

無料お知らせメール登録

債権・動産譲渡登記リスト、問合せ集中ランキング、特別情報が更新されたことをお知らせするメールサービスを実施しております。 メールサービスの登録は無料です。お気軽にお申込み下さい。

お知らせメール登録 ▶︎

最新情報

お問合せ

お問合せ記事
X大学の研究費不正に協力したゼネコンとは|特別情報

貴社名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)フリーメール不可

電話番号 (必須)携帯電話不可

お問合せ内容

下記の要項をご確認いただき、お問合せください。

■個人情報の利用目的について

当社は、以下の利用目的の範囲内でのみ、皆さまから収集いたしました個人情報を利用します。

・お問い合わせのあった事案に対する回答及び業務上必要な諸手続き
・お問い合わせのあった事案に対する資料等の送付

■個人情報の第三者提供について

当社は、法令に定める場合を除き、事前にお客様の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはありません。また、当該情報を業務委託することもありません。

■ 個人情報提供の任意性及び留意点

個人情報のご提供は任意ですが、必要な個人情報をご提供いただけなかった場合は、上記利用目的を達成できない場合がありますのでご了承ください。

■ 通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止について

当社は、本人が自己の個人情報について、通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の希望がございましたら、本人または代理人の請求応じて、個人データの通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の請求に応じます。

受付方法は、本人確認資料(運転免許証、パスポート何れかのコピー)、「個人情報取扱申請書」「委任状」(代理人による申請の場合のみ必要となります)を当社宛にお送り下さい。

<個人情報保護に関するお問合せ・相談窓口>

東京経済株式会社
〒802-0004 北九州市小倉北区鍛冶町2丁目5-11(第一東経ビル)
フリーダイヤル 0120-55-9986
受付時間 平日9:00~17:00

▲トップへ