HOME > 近畿 > 兵庫 > 続報/(株)セントラルシティ|神戸市中央区

2022年11月11日 公開

続報/(株)セントラルシティ|神戸市中央区

【業種】 不動産売買
【倒産形態】 破産手続開始決定
【負債総額】 55億円内外


撮影日2022年11月10日

令和3年10月7日付本情報で既報。令和3年9月22日付で事業を停止し、債務整理を弁護士に一任していたが、今年10月31日付で神戸地裁より破産手続開始決定を受けた。破産管財人は矢形 幸之助弁護士(矢形法律事務所、神戸市中央区元町通6-1-6、TEL 078-360-1222)。負債総額は申立時点で55億円内外。破産債権の届出期間は12月2日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和5年2月1日午前11時。

昭和33年5月に設立した不動産売買業者。マンションや商業施設、オフィスビルなどの仕入れ販売を手掛け、価値を高めるためのリノベーション工事や優良テナントを確保する事業スキームを構築し、収益性の高い不動産に再構築して売却する手法を得意としていた。また、所有不動産により賃貸収入を得る他、神戸市中央区でビジネスホテルを運営。京阪神地区および東京都をエリアとし、大型受注があった令和元年5月期には売上高196億円内外を計上していた。

しかし、その後は新型コロナウイルス感染拡大の影響で物件の動きが低調となる中、大型案件の受注が大幅に減少し、令和2年5月期の売上高は20億円内外まで急減。積極的な不動産取得の一方で、時にノンバンクなどから高金利で資金調達していたこともあり、大幅な赤字を強いられていた。

こうした中、所有不動産の売却を進めていたが、売却価格に折り合いが付かない事態も発生するなど資金繰りが急速に悪化。先行き見通しが立たないことから、既に事業を停止していた。

なお、8階建ての本社「セントラルシティ神戸三宮駅前第1ビル」は現在外壁工事中および3階から6階は内装工事中で空きテナントが散見され、近隣に所在する「セントラルシティ神戸三宮駅前第2ビル」は平日の昼間にも関わらず、いまだシャッターが下りたままの状態となっている。

業種 不動産売買
倒産形態 破産手続開始決定
所在地 神戸市中央区加納町3-1-26
設立 昭和33年5月
代表者 阪本 晃
資本金 9,000万円
年商 20億円内外(2/5)
負債総額 55億円内外

最新情報

お問合せ

お問合せ記事
続報/(株)セントラルシティ|神戸市中央区

    貴社名 (必須)

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)フリーメール不可

    電話番号 (必須)携帯電話不可

    お問合せ内容

    下記の要項をご確認いただき、お問合せください。

    ■個人情報の利用目的について

    当社は、以下の利用目的の範囲内でのみ、皆さまから収集いたしました個人情報を利用します。

    ・お問い合わせのあった事案に対する回答及び業務上必要な諸手続き
    ・お問い合わせのあった事案に対する資料等の送付

    ■個人情報の第三者提供について

    当社は、法令に定める場合を除き、事前にお客様の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはありません。また、当該情報を業務委託することもありません。

    ■ 個人情報提供の任意性及び留意点

    個人情報のご提供は任意ですが、必要な個人情報をご提供いただけなかった場合は、上記利用目的を達成できない場合がありますのでご了承ください。

    ■ 通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止について

    当社は、本人が自己の個人情報について、通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の希望がございましたら、本人または代理人の請求応じて、個人データの通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の請求に応じます。

    受付方法は、本人確認資料(運転免許証、パスポート何れかのコピー)、「個人情報取扱申請書」「委任状」(代理人による申請の場合のみ必要となります)を当社宛にお送り下さい。

    <個人情報保護に関するお問合せ・相談窓口>

    東京経済株式会社
    〒802-0004 北九州市小倉北区鍛冶町2丁目5-11(第一東経ビル)
    フリーダイヤル 0120-55-9986
    受付時間 平日9:00~17:00