HOME > 特別情報 > 東証グロースのファッションサブスクサービスC社~今期も赤字予想|特別情報

2022年9月14日 公開

東証グロースのファッションサブスクサービスC社~今期も赤字予想|特別情報

東証グロース市場に上場したばかりのファッションテック企業。売上高は着実に伸ばしてきたが、設立以降連続赤字で資金面では金融機関やスポンサーへの依存が続く。令和5年6月期は増収効果で損失額は縮小するものの、引き続き最終赤字見通し。上場当日、株価は公開価格800円に対して1,060円のストップ高となったが、最近は700円台での推移と市場の期待感はいまひとつだ。月額会員の取り込みは進んで安定的に利益を生み出すことはできるのか、関係先の注目が集まっている。当社のサービスは会員の好みやサイズなどを登録し、レンタルアイテムを受け取り、返却期限やクリーニングを気にすることなく着用し返却するというもの。衣類は買取りも可能でパーソナルスタイリングの要素を強みとするファッションレンタルサービスのパイオニアとして知られる。有名ブランドを取り扱い、30代後半から40代のキャリア女性をメインの会員とする。今年6月期末時点での月額会員数は3万2,204人(前期比2,544人増、平均客単価8,909円)。代表はロンドン大学にて情報・経営を学んで帰国後はコンサル会社を経てEC大手のグローバルマネージャーを務めた経歴を持つ。経営陣も大手コンサルティング会社や大手会計事務所出身者が名を連ねる。業績は令和4年6月期まで増収で推移している。ただし、同期は将来キャッシュフローを見積もって回収が見込めなくなったレンタル資産3億8百万円の減損損失を特別損失に計上。トレンドの移り変わりが早く、陳腐化したレンタル資産の償却負担が嵩んでいる。先行する開発費や倉庫検品料、広告宣伝費なども負担となって設立以来最終赤字が続く。財務面では同期末時点で20億52百万円の繰越欠損金を抱え、自己資本比率は14.7%に留まっていた。上場時に新株発行で調達した5億43百万円のうち、令和5年6月期中の主な使途はマーケティング関連投資1億円、レンタル資産購入2億円、事業拡大や新規事業開発のための人件費への投資70百万円としている。今後の成長戦略として認知拡大のほか、構築済みの仕組みを活用した事業領域の拡大(メンズセグメントなど)やアジア展開を挙げる。令和5年6月期業績計画は売上高42億77百万円(前期比26.2%増)と増収を予想する。損益面では営業利益1億10百万円、経常利益53百万円と黒字化を計画。しかし、冒頭のとおり、損失額は縮小するものの、特別損失も加味し当期純損失で1億14百万円と赤字見通しだ。業界関係者からは・・・

続きを読むには特別情報の会員申込みが必要です。
詳細は小社までお問合せください

特別情報とは

「倒産してからでは遅い」という声をよく聞きます。
たしかに与信管理や審査では事前の兆候について社内外からの幅広い情報収集は不可欠ですが、現実にはなかなか容易ではありません。

特物情報とは

実は東京経済の「特別情報」は、独自の取材ルートと確かな実績で長年にわたり金融機関・総合商社をはじめとする審査のプロたちから一目置かれています。

審査マンの心強いパートナーとして、「特別情報」のご活用をお勧めします。
詳しくはお気軽にお問合せください。

無料お知らせメール登録

債権・動産譲渡登記リスト、問合せ集中ランキング、特別情報が更新されたことをお知らせするメールサービスを実施しております。 メールサービスの登録は無料です。お気軽にお申込み下さい。

お知らせメール登録 ▶︎

最新情報

お問合せ

お問合せ記事
東証グロースのファッションサブスクサービスC社~今期も赤字予想|特別情報

    貴社名 (必須)

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)フリーメール不可

    電話番号 (必須)携帯電話不可

    お問合せ内容

    下記の要項をご確認いただき、お問合せください。

    ■個人情報の利用目的について

    当社は、以下の利用目的の範囲内でのみ、皆さまから収集いたしました個人情報を利用します。

    ・お問い合わせのあった事案に対する回答及び業務上必要な諸手続き
    ・お問い合わせのあった事案に対する資料等の送付

    ■個人情報の第三者提供について

    当社は、法令に定める場合を除き、事前にお客様の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはありません。また、当該情報を業務委託することもありません。

    ■ 個人情報提供の任意性及び留意点

    個人情報のご提供は任意ですが、必要な個人情報をご提供いただけなかった場合は、上記利用目的を達成できない場合がありますのでご了承ください。

    ■ 通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止について

    当社は、本人が自己の個人情報について、通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の希望がございましたら、本人または代理人の請求応じて、個人データの通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の請求に応じます。

    受付方法は、本人確認資料(運転免許証、パスポート何れかのコピー)、「個人情報取扱申請書」「委任状」(代理人による申請の場合のみ必要となります)を当社宛にお送り下さい。

    <個人情報保護に関するお問合せ・相談窓口>

    東京経済株式会社
    〒802-0004 北九州市小倉北区鍛冶町2丁目5-11(第一東経ビル)
    フリーダイヤル 0120-55-9986
    受付時間 平日9:00~17:00