HOME > 特別情報 > 東証スタンダードの太陽光発電事業P社~社長の不正が発覚|特別情報

2022年7月27日 公開

東証スタンダードの太陽光発電事業P社~社長の不正が発覚|特別情報

ある刑事事件の捜査協力の過程で捜査当局に関係資料ほかX社長の自宅のタブレット端末などが押収されたが、監査法人が令和3年12月期決算の監査に必要な資料の閲覧・謄写及び確認を行い、その中からX社長の個人的な借入れに対し、当社が取締役会の承認を経ず、無断で連帯保証していたことが明るみに出た。その刑事事件とは衆議院議員秘書らが政府系金融機関のコロナ融資の口利きを大量に行っていた事件。これに絡み昨年12月、関係先として当社に家宅捜索が入り、その捜査の派生でX社長の不正が発覚したわけである。7月1日に公表された社外調査委員会の最終報告では、X社長は平成26年以前から個人で投資等の事業を営み、第三者から個人的に借入れを行うことがあったとされる。問題となったのは令和3年3月31日と同年10月1日に借り入れた1億円と50百万円に対するもので、無断で当社の連帯保証を付け、自ら代表印を押印していた。きっかけは借入先から当社の連帯保証を求められたことによるが、時間的な余裕がなかったため、X社長の独断で行ったという。しかし、なぜか同日付で連帯保証を解除する確約書が借入先との間で交わされているが、理由は明かされていない。借入金はすでに返済されており、報告書は当社に何ら被害がなかったことを強調している。同種の事案として3つ挙げており、ひとつは当社の連結子会社のY社において、X社長が無断で不動産売買契約をしたこと、もう2つは4年3月期における2件の特別損失のことである。不動産売買についてはその後成約に至らず、当社が違約金を支払うことになったが不履行となったため、3年5月に東京地裁より債権仮差押命令を受けている。この件についてもなぜか、相手の債権者は民事訴訟を起こすでもなく、後に仮差押は失効している。4年3月期における特別損失については、一つは太陽光発電所案件に係る造成工事費用の一部2億50百万円の貸倒引当金、もう一つは沖縄県のリゾート計画に関わる前渡金4億55百万円の貸倒引当金である。いずれもY社の案件で、X氏の口約束で合意し、契約書等の証憑のないまま、送金が行われたものもあったという。特にリゾート計画では、協業先1社から「当該合意に基づく義務の全部の履行を拒絶する意思を明確に表示されたため、取引継続に不確実性が生じた」ことを引当計上の理由に挙げている。だが・・・

続きを読むには特別情報の会員申込みが必要です。
詳細は小社までお問合せください

特別情報とは

「倒産してからでは遅い」という声をよく聞きます。
たしかに与信管理や審査では事前の兆候について社内外からの幅広い情報収集は不可欠ですが、現実にはなかなか容易ではありません。

特物情報とは

実は東京経済の「特別情報」は、独自の取材ルートと確かな実績で長年にわたり金融機関・総合商社をはじめとする審査のプロたちから一目置かれています。

審査マンの心強いパートナーとして、「特別情報」のご活用をお勧めします。
詳しくはお気軽にお問合せください。

無料お知らせメール登録

債権・動産譲渡登記リスト、問合せ集中ランキング、特別情報が更新されたことをお知らせするメールサービスを実施しております。 メールサービスの登録は無料です。お気軽にお申込み下さい。

お知らせメール登録 ▶︎

最新情報

お問合せ

お問合せ記事
東証スタンダードの太陽光発電事業P社~社長の不正が発覚|特別情報

    貴社名 (必須)

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)フリーメール不可

    電話番号 (必須)携帯電話不可

    お問合せ内容

    下記の要項をご確認いただき、お問合せください。

    ■個人情報の利用目的について

    当社は、以下の利用目的の範囲内でのみ、皆さまから収集いたしました個人情報を利用します。

    ・お問い合わせのあった事案に対する回答及び業務上必要な諸手続き
    ・お問い合わせのあった事案に対する資料等の送付

    ■個人情報の第三者提供について

    当社は、法令に定める場合を除き、事前にお客様の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはありません。また、当該情報を業務委託することもありません。

    ■ 個人情報提供の任意性及び留意点

    個人情報のご提供は任意ですが、必要な個人情報をご提供いただけなかった場合は、上記利用目的を達成できない場合がありますのでご了承ください。

    ■ 通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止について

    当社は、本人が自己の個人情報について、通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の希望がございましたら、本人または代理人の請求応じて、個人データの通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の請求に応じます。

    受付方法は、本人確認資料(運転免許証、パスポート何れかのコピー)、「個人情報取扱申請書」「委任状」(代理人による申請の場合のみ必要となります)を当社宛にお送り下さい。

    <個人情報保護に関するお問合せ・相談窓口>

    東京経済株式会社
    〒802-0004 北九州市小倉北区鍛冶町2丁目5-11(第一東経ビル)
    フリーダイヤル 0120-55-9986
    受付時間 平日9:00~17:00