HOME > 関東 > 埼玉 > 武蔵オプティカルシステム(株)|さいたま市見沼区

2022年7月19日 公開

武蔵オプティカルシステム(株)|さいたま市見沼区

【業種】 光学機械器具等製造・販売
【倒産形態】 破産手続開始申立準備
【負債総額】 18億円内外


7月11日に事業を停止し、事後処理を野田 泰彦弁護士(弁護士法人グリーンリーフ法律事務所、さいたま市大宮区桜木町1-11-20 大宮JPビルディング14階、TEL 048-649-4631)他1名に一任、破産手続開始申立の準備に入った。負債総額は集計中であるが18億円内外と聞かれる。

平成15年8月設立。当初は光学・映像機器の販売代理を主としていたが、平成18年には顧客ニーズに対応し、レンズやテレビカメラを搭載する回転台などの修理を行う事業部を立ち上げ、更に光学機器の開発に乗り出すなどして業容を拡大。その後は撮影用レンズなどの光学機器や映像情報システム、周辺機器の設計・製造を主業としていた。

光学製品の総合メーカーとして、国内での生産体制を整備し、平成27年に北足立郡伊奈町に生産センターを設置。平成28年には同センターを移転して増強。更に平成30年7月には上尾市に第2生産センター増設し、生産体制を強化した。自社で企画から設計、製造まで一貫対応を可能にして、さまざまな顧客の要望に応え、高い技術力から次第に事業規模を拡大。

近年では医療機器メーカーからの引き合いも増加し、ピーク時の令和元年6月期には12億円を超える売上高を計上していた。

しかし、新型コロナウイルス拡大の影響で、国内外の映像機器関連の需要は落ち込み、令和3年6月期の売上高は8億3,525万円にまでダウンした。設備投資にかかる負担は重く有利子負債は年商を上回り、この間コロナ関連の助成金や制度融資を利用するも、資金繰りは限界となり事業継続を断念、今回の措置に至った。

業種 光学機械器具等製造・販売
倒産形態 破産手続開始申立準備
所在地 さいたま市見沼区東大宮5-18-2
設立 平成15年8月
代表者 持田 聰
資本金 9,550万円
年商 8億3,525万円(3/6)
負債総額 18億円内外

最新情報

お問合せ

お問合せ記事
武蔵オプティカルシステム(株)|さいたま市見沼区

    貴社名 (必須)

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)フリーメール不可

    電話番号 (必須)携帯電話不可

    お問合せ内容

    下記の要項をご確認いただき、お問合せください。

    ■個人情報の利用目的について

    当社は、以下の利用目的の範囲内でのみ、皆さまから収集いたしました個人情報を利用します。

    ・お問い合わせのあった事案に対する回答及び業務上必要な諸手続き
    ・お問い合わせのあった事案に対する資料等の送付

    ■個人情報の第三者提供について

    当社は、法令に定める場合を除き、事前にお客様の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはありません。また、当該情報を業務委託することもありません。

    ■ 個人情報提供の任意性及び留意点

    個人情報のご提供は任意ですが、必要な個人情報をご提供いただけなかった場合は、上記利用目的を達成できない場合がありますのでご了承ください。

    ■ 通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止について

    当社は、本人が自己の個人情報について、通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の希望がございましたら、本人または代理人の請求応じて、個人データの通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の請求に応じます。

    受付方法は、本人確認資料(運転免許証、パスポート何れかのコピー)、「個人情報取扱申請書」「委任状」(代理人による申請の場合のみ必要となります)を当社宛にお送り下さい。

    <個人情報保護に関するお問合せ・相談窓口>

    東京経済株式会社
    〒802-0004 北九州市小倉北区鍛冶町2丁目5-11(第一東経ビル)
    フリーダイヤル 0120-55-9986
    受付時間 平日9:00~17:00