HOME > 特別情報 > 東証スタンダードの食品スーパーM社~会社ぐるみの不適切会計|特別情報

2022年7月6日 公開

東証スタンダードの食品スーパーM社~会社ぐるみの不適切会計|特別情報

札幌国税局の税務調査をきっかけに今年4月、長年にわたる利益操作が行われていたことが発覚した。第三者委員会による調査を経て6月30日付で延長していた四半期報告書をようやく提出し、およそ5年に及ぶ過年度決算修正を行った。帯広、旭川、札幌を中心に道内22店舗を展開する食品スーパーで、当時は道内初のセルフサービス方式のスーパーとして大きな話題となった。平成23年に中興の祖といわれたX氏が社長に就任すると、25年に大手スーパーY社と資本・業務提携を締結し、Y社が30.0%を保有する筆頭株主になった。その後、出店ペースを加速して売上高を大きく伸ばしたが、令和2年9月期の決算短信発表と同時に社長の辞任が伝えられた。理由は「一身上の都合」としているが、不適切な会計処理の発覚を恐れてのことだとみられる。不適切会計は平成26年9月期決算から始まった。実態は利益の先送りで、翌期に発生する商品の仕入れを前倒しで注文し、在庫計上せずに売上原価として計上するのである。費用計上を済ませた在庫は翌期になるとゼロ円となる。この在庫を販売すると原価はゼロ円なので売上分がまるまる利益になるが、すでに前の期で費用計上しているため、トータルでは同じ利益になる。利益操作する目的で在庫を仕入れることを当社では「買込み」と呼んでいるが、当初からX氏が具体的に買込み金額を挙げて各バイヤーに指示していた。しかし、やがてX氏が具体的な指示をしなくても各バイヤーが自分の判断でできるようになり、「買込み」が社内に浸透していった。X氏が利益操作する動機としては、Y社からの経営干渉を排除したいため、常に業績を上げ続ける必要があった。つまり、少しでも余分な利益が見込めると、翌期にまわすため考案された方法だ。しかし、30年9月期に入って利益面では下降線をたどるようになり、利益操作することも限界に達していたのだろう。X氏の辞任後も・・・

続きを読むには特別情報の会員申込みが必要です。
詳細は小社までお問合せください

特別情報とは

「倒産してからでは遅い」という声をよく聞きます。
たしかに与信管理や審査では事前の兆候について社内外からの幅広い情報収集は不可欠ですが、現実にはなかなか容易ではありません。

特物情報とは

実は東京経済の「特別情報」は、独自の取材ルートと確かな実績で長年にわたり金融機関・総合商社をはじめとする審査のプロたちから一目置かれています。

審査マンの心強いパートナーとして、「特別情報」のご活用をお勧めします。
詳しくはお気軽にお問合せください。

無料お知らせメール登録

債権・動産譲渡登記リスト、問合せ集中ランキング、特別情報が更新されたことをお知らせするメールサービスを実施しております。 メールサービスの登録は無料です。お気軽にお申込み下さい。

お知らせメール登録 ▶︎

最新情報

お問合せ

お問合せ記事
東証スタンダードの食品スーパーM社~会社ぐるみの不適切会計|特別情報

    貴社名 (必須)

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)フリーメール不可

    電話番号 (必須)携帯電話不可

    お問合せ内容

    下記の要項をご確認いただき、お問合せください。

    ■個人情報の利用目的について

    当社は、以下の利用目的の範囲内でのみ、皆さまから収集いたしました個人情報を利用します。

    ・お問い合わせのあった事案に対する回答及び業務上必要な諸手続き
    ・お問い合わせのあった事案に対する資料等の送付

    ■個人情報の第三者提供について

    当社は、法令に定める場合を除き、事前にお客様の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはありません。また、当該情報を業務委託することもありません。

    ■ 個人情報提供の任意性及び留意点

    個人情報のご提供は任意ですが、必要な個人情報をご提供いただけなかった場合は、上記利用目的を達成できない場合がありますのでご了承ください。

    ■ 通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止について

    当社は、本人が自己の個人情報について、通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の希望がございましたら、本人または代理人の請求応じて、個人データの通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の請求に応じます。

    受付方法は、本人確認資料(運転免許証、パスポート何れかのコピー)、「個人情報取扱申請書」「委任状」(代理人による申請の場合のみ必要となります)を当社宛にお送り下さい。

    <個人情報保護に関するお問合せ・相談窓口>

    東京経済株式会社
    〒802-0004 北九州市小倉北区鍛冶町2丁目5-11(第一東経ビル)
    フリーダイヤル 0120-55-9986
    受付時間 平日9:00~17:00