HOME > 特別情報 > 東証スタンダードの飲食店経営E社~企業存続リスクの記載に新たな一文が追加|特別情報

2022年5月11日 公開

東証スタンダードの飲食店経営E社~企業存続リスクの記載に新たな一文が追加|特別情報

中国の広東・福建料理をベースとする本格的な中華料理をうたい文句に、第1号店を東京・上野の不忍池畔にオープンし、北は秋田から西は兵庫・姫路まで16店舗を展開している。店舗によっては結婚式場を併設しているところもあり、披露宴や2次会にもよく使われている。昭和53年10月に東証2部に上場し、ピーク時に160億円を超える売上高を計上していたが、平成12年に個人投資家やメキシコ人実業家らによる株価操縦事件が起きると、これを境に業績は低迷し、赤字経営がしばらく続いた。近年は60億円台で推移していたが、新型コロナの蔓延で状況が一変する。令和3年2月期第1四半期に継続企業の前提に関する重要事象等が記載されると、懸念された資金繰りも2年6月に取引金融機関と30億円の当座貸越枠を設定して一息ついた。しかし、その後も法人予約を中心にキャンセルや延期が相次いだうえ、緊急事態宣言による全店休業や営業時間の短縮などを余儀なくされ、3年2月期の売上高は前期比76.2%減の16億円へと急減した。採算面も、雇用調整助成金や営業時間短縮協力金などの助成金5億円を受け取ったが、店舗閉鎖損失や臨時休業等による損失など、特別損失として9億円を計上したため、最終赤字は19億円となった。翌4年2月期は客足が若干戻ったが売上高は19億円にととどまり、助成金10億円を計上したものの臨時休業等による特損10億円により、9億円の最終赤字となった。資金繰りについては2年6月に設定した30億円の当座貸越枠は維持され、未実行残高は28億円あるとはいうものの、借入金27億円のうち短期(1年以内返済分含む)は22億円に達し、手元資金に対して高い水準にある。加えて、4年2月期決算で初めて、GC重要事象等の記載に「取引先金融機関に対して継続的な資金支援を要請している」の一文が加わった。当社によると・・・

続きを読むには特別情報の会員申込みが必要です。
詳細は小社までお問合せください

特別情報とは

「倒産してからでは遅い」という声をよく聞きます。
たしかに与信管理や審査では事前の兆候について社内外からの幅広い情報収集は不可欠ですが、現実にはなかなか容易ではありません。

特物情報とは

実は東京経済の「特別情報」は、独自の取材ルートと確かな実績で長年にわたり金融機関・総合商社をはじめとする審査のプロたちから一目置かれています。

審査マンの心強いパートナーとして、「特別情報」のご活用をお勧めします。
詳しくはお気軽にお問合せください。

無料お知らせメール登録

債権・動産譲渡登記リスト、問合せ集中ランキング、特別情報が更新されたことをお知らせするメールサービスを実施しております。 メールサービスの登録は無料です。お気軽にお申込み下さい。

お知らせメール登録 ▶︎

最新情報

お問合せ

お問合せ記事
東証スタンダードの飲食店経営E社~企業存続リスクの記載に新たな一文が追加|特別情報

    貴社名 (必須)

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)フリーメール不可

    電話番号 (必須)携帯電話不可

    お問合せ内容

    下記の要項をご確認いただき、お問合せください。

    ■個人情報の利用目的について

    当社は、以下の利用目的の範囲内でのみ、皆さまから収集いたしました個人情報を利用します。

    ・お問い合わせのあった事案に対する回答及び業務上必要な諸手続き
    ・お問い合わせのあった事案に対する資料等の送付

    ■個人情報の第三者提供について

    当社は、法令に定める場合を除き、事前にお客様の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはありません。また、当該情報を業務委託することもありません。

    ■ 個人情報提供の任意性及び留意点

    個人情報のご提供は任意ですが、必要な個人情報をご提供いただけなかった場合は、上記利用目的を達成できない場合がありますのでご了承ください。

    ■ 通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止について

    当社は、本人が自己の個人情報について、通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の希望がございましたら、本人または代理人の請求応じて、個人データの通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の請求に応じます。

    受付方法は、本人確認資料(運転免許証、パスポート何れかのコピー)、「個人情報取扱申請書」「委任状」(代理人による申請の場合のみ必要となります)を当社宛にお送り下さい。

    <個人情報保護に関するお問合せ・相談窓口>

    東京経済株式会社
    〒802-0004 北九州市小倉北区鍛冶町2丁目5-11(第一東経ビル)
    フリーダイヤル 0120-55-9986
    受付時間 平日9:00~17:00