HOME > 特別情報 > 東証1部のネットセキュリティサービスD社~子会社で粉飾決算|特別情報

2021年12月1日 公開

東証1部のネットセキュリティサービスD社~子会社で粉飾決算|特別情報

買収した子会社で粉飾決算が発覚したが、当社も子会社化する過程でしっかりとしたデューデリジェンスを行っておらず、ガバナンス体制が厳しく問われそうである。平成9年11月にホームページの作成及びプロバイダーとして大阪で創業し、15年4月にネット上の監視サービスを提供するインターネットセキュリティ事業に進出した。18年10月に本社を東京に移転し、22年12月に東証マザーズに上場、28年9月には1部に市場替えしている。業績は右肩上がりとなっているが、積極的なM&Aで事業規模を拡大してきた点も見逃せない。問題となったのは令和1年8月に子会社化したセキュリティ製品開発・販売のX社で、翌年10月に完全子会社にしている。しかし、X社の経営の主導権は実質創業者であるY氏が握ったままで、当社がX社の経営に関与することはほとんどなかった。X社には日常的に取引の入出金を行う口座と、大口の資金を管理する口座の2つがあり、Y氏以外は誰も触れない状態にあった。粉飾決算の調査対象となった平成31年1月1日から令和3年9月30日までにX社とY氏の個人口座もしくは個人会社の口座に100回程度の入出金があり、36百万円もの資金が不正に流出していた。また、3年2月にX社の資金繰りが悪化すると、8月までの半年間にファクタリング会社と延べ12回の取引をし、計38百万円もの手数料が支払われていたことも発覚した。中にはファクタリング会社からY氏の個人口座に振り込まれていたケースも見受けられた。帳簿上の預金残高と実際の預金残高が大きく乖離するようになると、帳尻合わせのために架空売上や架空原価を計上するようになる。架空売上は実際に取引がある先の名義で契約書、作業報告書、請求書を偽造し、入金は2つある口座の一つからもう一つへ取引先の名義を使って振り込ませる。架空原価も同じ手口で、実態のない原価取引を帳簿に計上することで実際の残高との差を埋めていく。ただ1度だけ、実際に取引がある仕入先を使い、キックバック方式で資金を還元させた事例があったが、基本的にはY氏自ら書類の偽造等を行っていた。当社の完全子会社となってからもこの有様であったが、今年7月に当社の完全子会社であるZ社を存続会社としてX社が10月をもって合併するとの発表後は発覚を恐れたY氏と急に連絡が取りにくくなり、一連の粉飾決算が発覚することとなった。Y氏は8月6日付で解任され、不正金額は・・・

続きを読むには特別情報の会員申込みが必要です。
詳細は小社までお問合せください

特別情報とは

「倒産してからでは遅い」という声をよく聞きます。
たしかに与信管理や審査では事前の兆候について社内外からの幅広い情報収集は不可欠ですが、現実にはなかなか容易ではありません。

特物情報とは

実は東京経済の「特別情報」は、独自の取材ルートと確かな実績で長年にわたり金融機関・総合商社をはじめとする審査のプロたちから一目置かれています。

審査マンの心強いパートナーとして、「特別情報」のご活用をお勧めします。
詳しくはお気軽にお問合せください。

無料お知らせメール登録

債権・動産譲渡登記リスト、問合せ集中ランキング、特別情報が更新されたことをお知らせするメールサービスを実施しております。 メールサービスの登録は無料です。お気軽にお申込み下さい。

お知らせメール登録 ▶︎

最新情報

お問合せ

お問合せ記事
東証1部のネットセキュリティサービスD社~子会社で粉飾決算|特別情報

    貴社名 (必須)

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)フリーメール不可

    電話番号 (必須)携帯電話不可

    お問合せ内容

    下記の要項をご確認いただき、お問合せください。

    ■個人情報の利用目的について

    当社は、以下の利用目的の範囲内でのみ、皆さまから収集いたしました個人情報を利用します。

    ・お問い合わせのあった事案に対する回答及び業務上必要な諸手続き
    ・お問い合わせのあった事案に対する資料等の送付

    ■個人情報の第三者提供について

    当社は、法令に定める場合を除き、事前にお客様の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはありません。また、当該情報を業務委託することもありません。

    ■ 個人情報提供の任意性及び留意点

    個人情報のご提供は任意ですが、必要な個人情報をご提供いただけなかった場合は、上記利用目的を達成できない場合がありますのでご了承ください。

    ■ 通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止について

    当社は、本人が自己の個人情報について、通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の希望がございましたら、本人または代理人の請求応じて、個人データの通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の請求に応じます。

    受付方法は、本人確認資料(運転免許証、パスポート何れかのコピー)、「個人情報取扱申請書」「委任状」(代理人による申請の場合のみ必要となります)を当社宛にお送り下さい。

    <個人情報保護に関するお問合せ・相談窓口>

    東京経済株式会社
    〒802-0004 北九州市小倉北区鍛冶町2丁目5-11(第一東経ビル)
    フリーダイヤル 0120-55-9986
    受付時間 平日9:00~17:00