HOME > 特別情報 > 東証1部の靴小売Q社~今期も大幅赤字見通しで親会社に支援要請|特別情報

2021年10月13日 公開

東証1部の靴小売Q社~今期も大幅赤字見通しで親会社に支援要請|特別情報

連続赤字を止められず、今年3-8月期も純損失31億円を計上し自己資本比率が3.0%に落ち込むなど債務超過転落も現実味を帯びるなか、親会社の流通大手に第三者割当増資の引受けを要請し、検討・協議を進めることで合意に至ったことを明らかにした。コロナ禍でGWや夏休み、お盆といった商戦期間に臨時休業、営業時間短縮を強いられ販売機会は大幅に減少。当初の想定から大きく乖離した中間期の実績を踏まえ、通期業績予想も同日大幅に下方修正した。今期中間決算の売上高は346億円で前年同期比3.2%の増加となったが、コロナ前の一昨年同期比では29.0%減と依然低調。商品別では婦人靴や子供靴が前年同期を上回り復調の兆しもあったが、紳士靴やスポーツ靴は前年同期実績を割り込んだ。出退店については5店舗の出店に対し、不採算店を中心とした27店舗を退店したことで、8月末のグループ店舗数は828店舗と前期末の850店舗から22店舗減少。PB商品で製造委託先との情報共有に基づく生産コストの圧縮を図るとともに、アナログ業務のデジタル化による業務効率化などで赤字幅は半減したが、中間営業・経常損失29億円、純損失31億円と引き続き多額の赤字を計上した。平成31年2月期からの連続赤字が止まらず、自己資本比率はすでに前期末で10.0%まで低下していたが、さらに今中間期末で3.0%まで落ち込んだ。中間期業績予想はもともと非開示であったが、期初で売上高800億円、営業・経常利益6億円、純利益1億円としていた通期業績予想を売上高667億円、営業損失60億円、経常損失61億円、純損失65億円と大幅に下方修正したところをみると中間期の業績不振も想定外だったのだろう。業績悪化により令和2年2月期から営業CFがマイナスとなり、2年3-8月期からはGC重要事象等の記載を継続、さらに前期末は流動負債が流動資産を上回り今中間期もこれらは改善されていない。今回の業績予想によれば資本政策がなければ期末の債務超過転落は免れず、GC重要事象等の記載にとどまらずGC注記がちらつく。当社では「開示資料以外のコメントはできない」とのスタンスだが、増資額については・・・

続きを読むには特別情報の会員申込みが必要です。
詳細は小社までお問合せください

特別情報とは

「倒産してからでは遅い」という声をよく聞きます。
たしかに与信管理や審査では事前の兆候について社内外からの幅広い情報収集は不可欠ですが、現実にはなかなか容易ではありません。

特物情報とは

実は東京経済の「特別情報」は、独自の取材ルートと確かな実績で長年にわたり金融機関・総合商社をはじめとする審査のプロたちから一目置かれています。

審査マンの心強いパートナーとして、「特別情報」のご活用をお勧めします。
詳しくはお気軽にお問合せください。

無料お知らせメール登録

債権・動産譲渡登記リスト、問合せ集中ランキング、特別情報が更新されたことをお知らせするメールサービスを実施しております。 メールサービスの登録は無料です。お気軽にお申込み下さい。

お知らせメール登録 ▶︎

最新情報

お問合せ

お問合せ記事
東証1部の靴小売Q社~今期も大幅赤字見通しで親会社に支援要請|特別情報

    貴社名 (必須)

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)フリーメール不可

    電話番号 (必須)携帯電話不可

    お問合せ内容

    下記の要項をご確認いただき、お問合せください。

    ■個人情報の利用目的について

    当社は、以下の利用目的の範囲内でのみ、皆さまから収集いたしました個人情報を利用します。

    ・お問い合わせのあった事案に対する回答及び業務上必要な諸手続き
    ・お問い合わせのあった事案に対する資料等の送付

    ■個人情報の第三者提供について

    当社は、法令に定める場合を除き、事前にお客様の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはありません。また、当該情報を業務委託することもありません。

    ■ 個人情報提供の任意性及び留意点

    個人情報のご提供は任意ですが、必要な個人情報をご提供いただけなかった場合は、上記利用目的を達成できない場合がありますのでご了承ください。

    ■ 通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止について

    当社は、本人が自己の個人情報について、通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の希望がございましたら、本人または代理人の請求応じて、個人データの通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の請求に応じます。

    受付方法は、本人確認資料(運転免許証、パスポート何れかのコピー)、「個人情報取扱申請書」「委任状」(代理人による申請の場合のみ必要となります)を当社宛にお送り下さい。

    <個人情報保護に関するお問合せ・相談窓口>

    東京経済株式会社
    〒802-0004 北九州市小倉北区鍛冶町2丁目5-11(第一東経ビル)
    フリーダイヤル 0120-55-9986
    受付時間 平日9:00~17:00