HOME > 特別情報 > 東証2部の海運M社~子会社が借入金の返済リスケ|特別情報

2020年7月1日 公開

東証2部の海運M社~子会社が借入金の返済リスケ|特別情報

業績の悪化を受け、製造部門を担う連結子会社X社の借入金13億53百万円の返済を延長した。当社の得意先は上位2社に集中し、平成28年3月期には2社で売上全体の70%を超えていた。しかし、最近は50%近くまで落ち込んでおり、その減少分を他社で補えなかったことが業績低迷の一因となっている。こうして30年3月期には3期連続赤字となり、財務制限条項に抵触した。キャッシュフローのアンバランスさから令和2年3月期第3四半期には継続企業の前提に関する重要事象を記載。通期でも航海数の減少などから売上高は前期比6.0%減の51億円となり、6億円もの減損損失を強いられて最終7億円の赤字に転落し、再び財務制限条項に抵触した。当社グループの借入金49億24百万円のうち、35億円余りがX社のもので、当社が全額債務保証をしている。また、当社単体の借入金10億円強のほとんどはX社へ貸し付けられており、実質的にはグループの借入金のほぼ全額がX社向けとなっている。財務制限条項に係る期限の利益喪失についてはすでに金融機関との間で権利行使をしないことで合意しており、借入金の返済猶予についても承諾を得ている。返済猶予される借入金は総額13億53百万円で、今年7月から来年9月に返済期限を迎えるもの。おおむね1年から3年程度の延長となっているが、長いもので9年近く先送りされるものもある。返済はバルーン返済と呼ばれる…

続きを読むには特別情報の会員申込みが必要です。
詳細は小社までお問合せください

特別情報とは

「倒産してからでは遅い」という声をよく聞きます。
たしかに与信管理や審査では事前の兆候について社内外からの幅広い情報収集は不可欠ですが、現実にはなかなか容易ではありません。

特物情報とは

実は東京経済の「特別情報」は、独自の取材ルートと確かな実績で長年にわたり金融機関・総合商社をはじめとする審査のプロたちから一目置かれています。

審査マンの心強いパートナーとして、「特別情報」のご活用をお勧めします。
詳しくはお気軽にお問合せください。

無料お知らせメール登録

債権・動産譲渡登記リスト、問合せ集中ランキング、特別情報が更新されたことをお知らせするメールサービスを実施しております。 メールサービスの登録は無料です。お気軽にお申込み下さい。

お知らせメール登録 ▶︎

最新情報

お問合せ

お問合せ記事
東証2部の海運M社~子会社が借入金の返済リスケ|特別情報

[contact-form-7 404 "Not Found"]
▲トップへ