HOME > 特別情報 > 東証1部の不動産デベロッパーJ社~コロナでも積極策継続に業界注目|特別情報

2020年6月10日 公開

東証1部の不動産デベロッパーJ社~コロナでも積極策継続に業界注目|特別情報

前期まで9期連続増収増益など好調な業況を維持してきた当社だが、今年に入り新型コロナウイルスの影響で販売が鈍化する一方、物件仕入を加速し在庫・有利子負債は大幅増加した。「コロナで不動産市場は曲がり角を迎えるのでは」など様々な観測がある中、積極策を継続している当社の業績動向に業界関係者の関心が寄せられている。不動産業界出身の現代表や副社長らによりリーマン・ショック直後の平成20年10月に設立され、26年に東証マザーズ上場を果たした。その後東証1部へ昇格するなど前期まで順調な業績を辿ってきた。令和2年12月期第1四半期決算(1-3月)はコロナ禍の自粛ムードで物件販売が進まず売上高は18億円(前年同期58億円)、四半期純損益は1億円強の赤字(同10億円の黒字)と苦戦のスタートとなった。一方で、創業以来最大規模となる大阪府吹田市のオフィスビルなど第1四半期で取得した物件は10件と前年同期5件から倍増し、在庫不動産および有利子負債は3か月間で大きく増加している。コロナの影響を受けた株式市場を鑑み新株発行による資金調達を中止したり、上述のとおり販売鈍化が懸念される中、不動産ファンド…

続きを読むには特別情報の会員申込みが必要です。
詳細は小社までお問合せください

特別情報とは

「倒産してからでは遅い」という声をよく聞きます。
たしかに与信管理や審査では事前の兆候について社内外からの幅広い情報収集は不可欠ですが、現実にはなかなか容易ではありません。

特物情報とは

実は東京経済の「特別情報」は、独自の取材ルートと確かな実績で長年にわたり金融機関・総合商社をはじめとする審査のプロたちから一目置かれています。

審査マンの心強いパートナーとして、「特別情報」のご活用をお勧めします。
詳しくはお気軽にお問合せください。

無料お知らせメール登録

債権・動産譲渡登記リスト、問合せ集中ランキング、特別情報が更新されたことをお知らせするメールサービスを実施しております。 メールサービスの登録は無料です。お気軽にお申込み下さい。

お知らせメール登録 ▶︎

最新情報

お問合せ

お問合せ記事
東証1部の不動産デベロッパーJ社~コロナでも積極策継続に業界注目|特別情報

[contact-form-7 404 "Not Found"]
▲トップへ