HOME > 関東 > 東京 > (医)社団稜歩会、他1社|東京都新宿区

2020年2月13日 公開

(医)社団稜歩会、他1社|東京都新宿区

【業種】 眼科診療所
【倒産形態】 破産手続開始決定
【負債総額】 10億2,500万円内外(2社合計)


関係会社の(株)アドバンスト・マーク(法人番号:1140001031847、同所、瀬尻 幹夫代表)とともに、2月5日に東京地裁より破産手続開始決定を受けた。破産管財人は窪田 英一郎弁護士(東京都港区虎ノ門4-1-17 神谷町プライムプレイス9階、TEL 03-6452-9280)が選任された。負債総額は、同法人が債権者7名内外に対し10億円内外、(株)アドバンスト・マークが債権者1名内外に対し2,500万円内外、2社合計で10億2,500万円内外が見込まれている。破産債権の届出期間は3月4日まで。

平成4年7月に開院し、平成9年4月に法人化した眼科診療所。東京と大阪で眼科クリニックの「神戸神奈川アイクリニック」を経営していた。診療科目の屈折矯正手術(レーシックなど)、遠近両用白内障手術、円錐角膜手術、一般眼科診療などに対応し、患者ごとに合わせたアイレーシックを導入してレーシック手術を得意としていた。その後、平成22年に破産手続開始決定を受けた(医)社団博美会(平成22年5月7日付本情報号外で既報、東京都、負債総額68億円内外)から事業を譲り受けて業容を拡大。最盛期には全国に9カ所のクリニックを展開していた。

その一方で、同業者の感染症発覚によりレーシック治療全般に対する風評が広がり、業績は低迷。クリニックの閉院や譲渡などリストラを講じ、近時は2カ所のみの運営となっていた。その後は患者の来院数が減少をたどり、事業継続が難しいとして令和元年8月末で運営する2院を閉院した。

関連会社の(株)アドバンスト・マークは、平成21年10月設立の医療関連特化型の経営コンサルティング業者。同法人に連鎖して今回の措置に至った。

業種 眼科診療所
倒産形態 破産手続開始決定
所在地 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー35階
設立 平成9年4月
創業 開院 平成4年7月
代表者 理事長 澤井 循暉
資本金 資産の総額 0円
負債総額 10億2,500万円内外(2社合計)

最新情報

お問合せ

お問合せ記事
(医)社団稜歩会、他1社|東京都新宿区

[contact-form-7 404 "Not Found"]
▲トップへ