HOME > 関東 > 東京 > (株)エンポリオ|東京都江戸川区

2020年2月3日 公開

(株)エンポリオ|東京都江戸川区

【業種】 飲食店経営、雑貨販売
【倒産形態】 弁護士一任
【負債総額】 15億円内外


1月31日までに事業停止し、事後処理を原 大二郎弁護士(ライジング法律事務所、東京都中央区京橋2-8-5 京橋富士ビル3階、TEL 03-6228-6822)に一任した。負債総額は15億円内外が見込まれている。

昭和60年10月に(有)ベル・バックスとして発足し、かばん、袋物製造販売を開始。その後、国内生産から海外生産にシフトする一方、海外ブランドの日本総代理店としてブランドバッグや財布などの皮革製品、雑貨類の取り扱いなどへ事業を拡張し最盛期には36億円以上の売上高を計上した。

平成26年以降はスペインの雑貨店「muy mucho(ムイムーチョ)」や「MUCHO(ムーチョ)」の出店による小売り事業の他、韓国のソルビン社が出店し若者を中心に人気となっていたかき氷店「SULBING(ソルビン)」の国内ライセンスを取得、原宿などで多店舗展開していた。

しかし、小売り事業の低迷などで令和元年9月期には売上高が7億円内外まで減少し多額の赤字を計上。これまでの投資負担から資金繰りも急激に悪化しており、雑貨店中心に不採算店舗の閉鎖を進めていた。こうした中、かき氷店も1月31日付で突然閉店し、SNSなどで話題となっていた。

業種 飲食店経営、雑貨販売
倒産形態 弁護士一任
所在地 東京都江戸川区東小岩1-3-1
設立 昭和60年10月
従業員 30名
代表者 鈴木 一郎
資本金 3,000万円
年商 7億円内外(1/9)
負債総額 15億円内外

最新情報

お問合せ

お問合せ記事
(株)エンポリオ|東京都江戸川区

[contact-form-7 404 "Not Found"]
▲トップへ