HOME > 特別情報 > 東証1部の不動産A社~無配転落、初のGC重要事象注記|特別情報

2019年5月22日 公開

東証1部の不動産A社~無配転落、初のGC重要事象注記|特別情報

このほど開示された2019年12月期第1四半期(1-3月期)決算は前年同期比68.2%の減収で、4月5日にリリースしていた販売用不動産の一括売却損32億円計上に伴い粗利は26億円の赤字(前年同期は27億円の黒字)となった。さらに子会社株式の売却損引当金を計上し最終赤字は60億円にまで拡大し、期首時点で未定としていた年間配当を無配とし、業績悪化から継続企業の前提に関する注記はおこなわれなかったものの、初めて重要事象等の注記を強いられた。大幅減収は言うまでもなく昨年8月に発覚した顧客の通帳改ざん問題を受け実質新規の営業活動ができなかったため。問題発覚後オーナーからの相次ぐ不動産の買い取り要請を受け大方応じ、前期末時点の在庫不動産が127億円と1年で約4倍にまで増加したにもかかわらず、現預金は119億円とこちらも21億円増となった。買い取りに対応できたのは、主に既存事業及び新規事業における事業拡大資金の調達を目的に昨年7月末にかけて実施した中国を含む海外向けの総額137億円の新株発行があったため。関係筋によれば「民泊需要の盛り上がりに加えて、経営管理ビザ取得の都合上日本の不動産を買い求める中国人富裕層は多い」。ところが調達した資金の大半は、仕入れた物件の再開発資金に充てるため実質的に拘束されてしまう。「海外投資家が要求する利回りボーダーは7%、地価が上昇している現時点でクリアするのは至難のわざ」と先の関係者は漏らす。こうした資金事情のなか取引金融機関からの融資が完全にストップしたため、3月22日にノンバンクより10億円を調達・・・

続きを読むには特別情報の会員申込みが必要です。
詳細は小社までお問合せください

特別情報とは

「倒産してからでは遅い」という声をよく聞きます。
たしかに与信管理や審査では事前の兆候について社内外からの幅広い情報収集は不可欠ですが、現実にはなかなか容易ではありません。

特物情報とは

実は東京経済の「特別情報」は、独自の取材ルートと確かな実績で長年にわたり金融機関・総合商社をはじめとする審査のプロたちから一目置かれています。

審査マンの心強いパートナーとして、「特別情報」のご活用をお勧めします。
詳しくはお気軽にお問合せください。

無料お知らせメール登録

債権・動産譲渡登記リスト、問合せ集中ランキング、特別情報が更新されたことをお知らせするメールサービスを実施しております。 メールサービスの登録は無料です。お気軽にお申込み下さい。

お知らせメール登録 ▶︎

最新情報

お問合せ

お問合せ記事
東証1部の不動産A社~無配転落、初のGC重要事象注記|特別情報

貴社名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)フリーメール不可

電話番号 (必須)携帯電話不可

お問合せ内容

下記の要項をご確認いただき、お問合せください。

■個人情報の利用目的について

当社は、以下の利用目的の範囲内でのみ、皆さまから収集いたしました個人情報を利用します。

・お問い合わせのあった事案に対する回答及び業務上必要な諸手続き
・お問い合わせのあった事案に対する資料等の送付

■個人情報の第三者提供について

当社は、法令に定める場合を除き、事前にお客様の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはありません。また、当該情報を業務委託することもありません。

■ 個人情報提供の任意性及び留意点

個人情報のご提供は任意ですが、必要な個人情報をご提供いただけなかった場合は、上記利用目的を達成できない場合がありますのでご了承ください。

■ 通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止について

当社は、本人が自己の個人情報について、通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の希望がございましたら、本人または代理人の請求応じて、個人データの通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の請求に応じます。

受付方法は、本人確認資料(運転免許証、パスポート何れかのコピー)、「個人情報取扱申請書」「委任状」(代理人による申請の場合のみ必要となります)を当社宛にお送り下さい。

<個人情報保護に関するお問合せ・相談窓口>

東京経済株式会社
〒802-0004 北九州市小倉北区鍛冶町2丁目5-11(第一東経ビル)
フリーダイヤル 0120-55-9986
受付時間 平日9:00~17:00

▲トップへ