HOME > 関東 > 東京 > (株)日本校文館(旧商号・(株)ニュートン)|東京都杉並区

2017年5月10日 公開

(株)日本校文館(旧商号・(株)ニュートン)|東京都杉並区

【業種】 教材ソフト開発
【倒産形態】 破産手続開始決定
【負債総額】 52億1,900万円内外


5月9日に東京地裁へ破産手続開始を申し立て、同日付で破産手続開始決定を
受けた。破産管財人は長島 良成弁護士(長島良成法律事務所、東京都千代田
区五番町5、TEL 03-5276-1321)。負債総額は債権者875名内外に対し52億
1,900万円内外だが、このうち実質グループ関係先だった(株)ニュートンプレ
ス(2月21日付本情報号外既報)からの借り入れが25億2,700万円内外を占める。

昭和52年8月に設立した資格試験取得および小・中・高校生向け学習ソフト
開発業者。TLT(T(Testing)L(Learning)T(Tra
ining))ソフトと呼ばれる高森代表※が脳科学に基づき開発した自動習
熟システムソフトを、高校や大学などへ販売していた。その後、eラーニング
事業は高森氏※が代表を兼務していた(株)ニュートンプレスに販売部門を移管
し、(株)日本校文館は開発に特化していた。平成20年ごろからは、(株)ニュー
トンプレスが手掛ける科学雑誌「Newton」に関連して(株)ニュートンプ
レスから資金の貸し出しを受け、タブレット向け「英語版および日本語版Ne
wton」や「Newton理科教材」の開発を開始した。

しかし、同サービスが軌道に乗らず(株)ニュートンプレスへの返済が困難と
なっていた。更に、2月17日には学習教材開発資金集めを名目に、定期購読者
より無許可で出資金を募ったとして出資法違反容疑で高森代表※らが山口県警
に逮捕。2月20日には(株)ニュートンプレスが民事再生手続開始を申し立て、
経営破綻に追い込まれていた。なお、(株)ニュートンプレスからの借り入れに
ついては、(株)ニュートンプレスの民事再生手続に織り込み済みとしている。
(※「高」と表記しておりますが、正しくは「はしごだか」です)

業種 教材ソフト開発
倒産形態 破産手続開始決定
所在地 東京都杉並区永福4-23-12
設立 昭和52年8月
代表者 高森 圭介※
資本金 1,000万円
負債総額 52億1,900万円内外

最新情報

お問合せ

お問合せ記事
(株)日本校文館(旧商号・(株)ニュートン)|東京都杉並区

貴社名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)フリーメール不可

電話番号 (必須)携帯電話不可

お問合せ内容

下記の要項をご確認いただき、お問合せください。

■個人情報の利用目的について

当社は、以下の利用目的の範囲内でのみ、皆さまから収集いたしました個人情報を利用します。

・お問い合わせのあった事案に対する回答及び業務上必要な諸手続き
・お問い合わせのあった事案に対する資料等の送付

■個人情報の第三者提供について

当社は、法令に定める場合を除き、事前にお客様の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはありません。また、当該情報を業務委託することもありません。

■ 個人情報提供の任意性及び留意点

個人情報のご提供は任意ですが、必要な個人情報をご提供いただけなかった場合は、上記利用目的を達成できない場合がありますのでご了承ください。

■ 通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止について

当社は、本人が自己の個人情報について、通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の希望がございましたら、本人または代理人の請求応じて、個人データの通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の請求に応じます。

受付方法は、本人確認資料(運転免許証、パスポート何れかのコピー)、「個人情報取扱申請書」「委任状」(代理人による申請の場合のみ必要となります)、返信用封筒プラス返信用切手82円を当社宛にお送り下さい。

<個人情報保護に関するお問合せ・相談窓口>

東京経済株式会社
〒802-0004 北九州市小倉北区鍛冶町2丁目5-11(第一東経ビル)
フリーダイヤル 0120-55-9986
受付時間 平日9:00~17:00

▲トップへ