HOME > 中国 > 岡山 > 日本医薬品中国販売(株)|岡山市中区

2017年2月10日 公開

日本医薬品中国販売(株)|岡山市中区

【業種】医薬品卸売り
【倒産形態】破産手続開始申立
【負債総額】50億円内外


広島支社定例情報会(H24.10.10)、特別情報中国版No.130-1-100319(H26.11.28)、No.130-1-100508(H28.6.20)、US情報中国版(H28.6.30)他で経営難を既報の同社は2月9日、グループ会社の日医工中国販売(株)(同所、同代表)、(株)日医工神戸(神戸市東灘区住吉山手7-5-11、同代表)、(株)日医工四国(高松市松島町3-24-6、同代表)とともに、岡山地裁に対して破産手続開始申立を行った。申立代理人は田口 和幸弁護士(阿部・井窪・片山法律事務所、東京都中央区八重洲2-8-7 福岡ビル9階、TEL 03-3273-2600)他2名が受任。負債総額は50億円内外にのぼる見通し。

昭和40年7月創業、昭和44年8月に法人化した医薬品卸会社。ジェネリック医薬品大手である日医工(株)(富山市)の代理店としてジェネリック医薬品専門の卸事業を展開。本社地を拠点に、グループ会社を設立することで、四国や関西圏までエリアを拡大。グループとして、病院や調剤薬局に営業基盤を構築し、ジェネリック医薬品の普及を背景に、平成25年7月期には40億円規模の売上高を計上していた。

しかし、競合激化が進む中、業容拡大に伴い資金面が慌ただしさを増し、更には本業以外の不動産投資に伴う借入金も資金面を圧迫。近年に入ってからは、取引先各社が相次いで債権譲渡登記および動産譲渡登記を設定。支払い遅延の常態化や金融機関に対して借入金の返済リスケジュールを要請するなど、厳しい資金繰りを余儀なくされていた。

人員削減などのリストラや所有不動産の売却などを進めてきたものの、経営状態の改善には至らず、事業継続は困難と判断し、この度の法的措置を選択した。

業種 医薬品卸売り
倒産形態 破産手続開始申立
所在地 岡山市中区浜1-15-71
設立 昭和44年8月
創業 昭和40年7月
従業員 52名
代表者 鶴海 利之
資本金 5,500万円
負債総額 50億円内外

特別情報掲載

特別情報本文に掲載された日付です。

2016年06月20日
2014年11月28日

特別情報とは

「倒産してからでは遅い」という声をよく聞きます。
たしかに与信管理や審査では事前の兆候について社内外からの幅広い情報収集は不可欠ですが、現実にはなかなか容易ではありません。

特物情報とは

実は小社の「特別情報」は、独自の取材ルートと確かな実績で長年にわたり金融機関・総合商社をはじめとする審査のプロたちから一目置かれています。

審査マンの心強いパートナーとして、「特別情報」のご活用をお勧めします。
詳しくはお気軽にお問合せください。


最新情報

お問合せ

お問合せ記事
日本医薬品中国販売(株)|岡山市中区

貴社名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)フリーメール不可

電話番号 (必須)携帯電話不可

お問合せ内容

下記の要項をご確認いただき、お問合せください。

■個人情報の利用目的について

当社は、以下の利用目的の範囲内でのみ、皆さまから収集いたしました個人情報を利用します。

・お問い合わせのあった事案に対する回答及び業務上必要な諸手続き
・お問い合わせのあった事案に対する資料等の送付

■個人情報の第三者提供について

当社は、法令に定める場合を除き、事前にお客様の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはありません。また、当該情報を業務委託することもありません。

■ 個人情報提供の任意性及び留意点

個人情報のご提供は任意ですが、必要な個人情報をご提供いただけなかった場合は、上記利用目的を達成できない場合がありますのでご了承ください。

■ 通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止について

当社は、本人が自己の個人情報について、通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の希望がございましたら、本人または代理人の請求応じて、個人データの通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の請求に応じます。

受付方法は、本人確認資料(運転免許証、パスポート何れかのコピー)、「個人情報取扱申請書」「委任状」(代理人による申請の場合のみ必要となります)、返信用封筒プラス返信用切手82円を当社宛にお送り下さい。

<個人情報保護に関するお問合せ・相談窓口>

東京経済株式会社
〒802-0004 北九州市小倉北区鍛冶町2丁目5-11(第一東経ビル)
フリーダイヤル 0120-55-9986
受付時間 平日9:00~17:00

▲トップへ