HOME > 大型倒産 > アイエス(株)|広島市南区

2016年12月15日 公開

アイエス(株)|広島市南区

【業種】総合ディベロッパー
【倒産形態】破産手続開始決定
【負債総額】465億9,200万円内外


12月7日、広島地裁より破産手続開始決定を受けた。破産管財人は今田 健太郎弁護士(弁護士法人あすか、広島市中区上八丁堀4-1 アーバンビューグランドタワー10階、TEL 082-227-7145)が選任された。申立時点での負債総額は465億9,200万円内外で、うち借入金400億円内外、租税関連44億円内外。

昭和50年8月に和興住建(株)として建売住宅販売を目的に設立。昭和59年ごろより宅地開発に着手し、平成元年10月に現社名に変更。大型の宅地開発を軸にマンション建設分譲、流通工業団地の開発などを手掛け、不動産の総合ディベロッパーに成長。安佐ニュータウン星が丘、高陽台団地などの開発を手掛け、物件販売がまとまった期には売上高が100億円をオーバーする勢いを見せ、平成6年3月期の年商は151億6,273万円を計上していた。ただし業種柄、業績変動は大きく、億単位の赤字を散発するなど安定性に欠ける状態が続いていた。

平成8年からは、広島市北西部の西風新都・善當寺工業地区にて超大型物件のヒューマンライフパーク(開発規模127ha、用地購入200億円、造成工事300億円)を計画。平成8年11月に開発許可が下り、ゼネコン4社によるJVで、平成11年度の完成を目指したが、資金不足により計画頓挫。借入金は膨張したままの状態が続く中、JVの組織企業が相次いで破綻したこともありJVは事実上解体。開発再開のメドは立たず、金融機関からの借入金は債権回収会社へ債権譲渡された他、平成20年以降は社有資産に広島市や債権回収会社などから差し押さえが相次いで設定されるなどしていた。近年は実質的な営業は行っていなかったが、今年6月に債権者から破産手続開始を申し立てられており、ついに今回の措置となった。

なお、負債総額では、パナソニックプラズマディスプレイ(株)(大阪府茨木市、11月特別清算)に次ぐ今年2番目の規模の大型倒産。

業種 総合ディベロッパー
倒産形態 破産手続開始決定
所在地 広島市南区東雲本町2-21-17
設立 昭和50年8月
代表者 長原 正明
資本金 2億円
負債総額 465億9,200万円内外

最新情報

お問合せ

お問合せ記事
アイエス(株)|広島市南区

貴社名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)フリーメール不可

電話番号 (必須)携帯電話不可

お問合せ内容

下記の要項をご確認いただき、お問合せください。

■個人情報の利用目的について

当社は、以下の利用目的の範囲内でのみ、皆さまから収集いたしました個人情報を利用します。

・お問い合わせのあった事案に対する回答及び業務上必要な諸手続き
・お問い合わせのあった事案に対する資料等の送付

■個人情報の第三者提供について

当社は、法令に定める場合を除き、事前にお客様の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはありません。また、当該情報を業務委託することもありません。

■ 個人情報提供の任意性及び留意点

個人情報のご提供は任意ですが、必要な個人情報をご提供いただけなかった場合は、上記利用目的を達成できない場合がありますのでご了承ください。

■ 通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止について

当社は、本人が自己の個人情報について、通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の希望がございましたら、本人または代理人の請求応じて、個人データの通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の請求に応じます。

受付方法は、本人確認資料(運転免許証、パスポート何れかのコピー)、「個人情報取扱申請書」「委任状」(代理人による申請の場合のみ必要となります)、返信用封筒プラス返信用切手82円を当社宛にお送り下さい。

<個人情報保護に関するお問合せ・相談窓口>

東京経済株式会社
〒802-0004 北九州市小倉北区鍛冶町2丁目5-11(第一東経ビル)
フリーダイヤル 0120-55-9986
受付時間 平日9:00~17:00

▲トップへ