HOME > 中国 > 山口 > (株)エム・オン|山口県柳井市

2015年6月18日 公開

(株)エム・オン|山口県柳井市

【業種】釣り具製造
【倒産形態】破産手続開始申立準備
【負債総額】10億円内外


6月16日までに事業を停止し、事後処理を上田 和義弁護士(上田和義法律事務所、山口県防府市八王子1-7-4 ニューマルマンビル5階、TEL 0835-26-3630)に一任、破産手続開始申立の準備に入った。負債総額は10億円内外に上る見通し。

昭和26年に宮本釣具商会の屋号で創業し、昭和36年9月に宮本漁具(株)として法人化。創業以来、釣り具製造を主体として稼働、平成2年10月には現在地に新社屋を建設し、本店を移転。その後、小売り店舗の開設や平成7年4月には物流センターを建設するなど体制を整え、業容拡大で業績は右肩上がりで伸長し、平成9年1月期には売上高50億7,827万円を記録、平成9年3月には現商号へ変更するとともに、新物流センターを建設した。

釣りざお、リール、仕掛け及び仕掛け用小物の他、竿袋や磯クールバッグなどの釣り用小物、帽子や手袋などの衣類、水中メガネやシュノーケルなどのアウトドア用品までを取り扱い展開。長年の実績から大手量販店などを顧客として抱え基盤を構築、ニーズに対応するため平成9年10月、中国揚州市に関連会社となる揚州愛夢釣具有限公司を設立し、生産体制を強化。その後、中国工場は品質向上を目的に新工場を建設するなど随時、対応を図っていた。

しかし、積極的な展開に反し、業界環境としては釣りなどのレジャー人口が減少傾向をたどり、厳しさを増していたのが実情。そのような中、平成22年より釣りざおの製造技術を活用してゴルフシャフトの製造に着手し、中国工場にゴルフシャフト生産ラインを増強。更には、(株)サンリオのサブライセンス契約を締結し、ハローキティを使用した釣り具製品を業界で初めて販売開始するなど、新たな顧客層獲得に動いていたが、平成27年1月期に売上高は5億8,000万円内外までダウン。債務超過に陥る厳しい経営状態の中で、円安により仕入れコストが上昇し収益確保に苦慮していたが、業況好転に至らず先行きの見通しが立たないとして事業継続を断念し、この度の法的措置を選択した。

業種 釣り具製造
倒産形態 破産手続開始申立準備
所在地 山口県柳井市柳井1574-13
設立 昭和36年9月
創業 昭和26年
代表者 古川 佐千夫
資本金 1,800万円
年商 5億8,000万円内外(27/1)
負債総額 10億円内外

最新情報

お問合せ

お問合せ記事
(株)エム・オン|山口県柳井市

貴社名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)フリーメール不可

電話番号 (必須)携帯電話不可

お問合せ内容

下記の要項をご確認いただき、お問合せください。

■個人情報の利用目的について

当社は、以下の利用目的の範囲内でのみ、皆さまから収集いたしました個人情報を利用します。

・お問い合わせのあった事案に対する回答及び業務上必要な諸手続き
・お問い合わせのあった事案に対する資料等の送付

■個人情報の第三者提供について

当社は、法令に定める場合を除き、事前にお客様の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはありません。また、当該情報を業務委託することもありません。

■ 個人情報提供の任意性及び留意点

個人情報のご提供は任意ですが、必要な個人情報をご提供いただけなかった場合は、上記利用目的を達成できない場合がありますのでご了承ください。

■ 通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止について

当社は、本人が自己の個人情報について、通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の希望がございましたら、本人または代理人の請求応じて、個人データの通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止の請求に応じます。

受付方法は、本人確認資料(運転免許証、パスポート何れかのコピー)、「個人情報取扱申請書」「委任状」(代理人による申請の場合のみ必要となります)、返信用封筒プラス返信用切手82円を当社宛にお送り下さい。

<個人情報保護に関するお問合せ・相談窓口>

東京経済株式会社
〒802-0004 北九州市小倉北区鍛冶町2丁目5-11(第一東経ビル)
フリーダイヤル 0120-55-9986
受付時間 平日9:00~17:00

▲トップへ